N第二蒸気機関区


 

a-P1080366 s-080224-4

 私は、大好きな蒸気機関車を箱に入れたまま保存するという事がいやで、

 いつも見られるように常に展示しています。

 おかげで南河内蒸気機関区は常に機関車が満杯状態になっており、

 出入りができない状態でになっています。

 新たに電動ターンテーブルを買う資金もないので悩んでいたのですが、

 フライッシュマンの手動ターンテーブルが安く手に入りましたので、第二

 蒸気機関区を簡単に製作したいと思います。サイズは600mmx450mm。

 トミックスの扇形庫は、勝手に扉が閉まるギミックがあるので楽しいんです。

 いつもこんな浮気をするんで肝心のモジュールが進まないんですよね~。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る