保津峡モジュールの線路交換②


 

s-P1180805

s-P1180806

道床の部分のバラストはすべて

取り除きましたが、コルク道床を

使ったと思っていたのに、3mm

の合板を使っていました。あれ?

どこで入れ替わった?

 

なんか道路みたいになった

のでボンネットバスを走ら

せてみましたが、違和感が

ありませんね~

あり?

s-P1180807 s-P1180808

次は相方の落石覆いのモジュール。

この左側の線路が3mmほど中に

入っていたので、脱線の原因になっ

ていたようです。

落石覆いを外してた所ですが、

中はバラストが気持ちだけの

散布となっています。

どうせ見えないからね~。

 

 

s-P1180810 s-P1180812

小さい橋は、線路間の渡り通路

を除くと外れる様になっています。

レールだけが空中に浮いている

様に見えます。山の上から流れ

てくる渓流がスケスケで見えます。

s-P1180813 s-P1180815
犬釘を引っこ抜いて行きます。

右手で線路を持ち上げて、

 一気に外します!

なんか、気持ちスカッ!

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る