保津峡モジュールの線路交換③


s-P1180816 s-P1180817

レールと枕木を引っぺがした所。

なんか、ちぎれたフィーダー線

が哀れです~!でもこんな性格

ですのでしょうがないです。

バラストをきれいに除いたんで、

又ボンネットバスを走らせたい

願望が!しかし橋がない!

s-P1180818 s-P1180820

二つの保津峡モジュールを並べた

所ですが、綺麗に線路を剥がせ

ました。

 

偶然にもKATOのユニトラック

の730Rと同じ曲線なので置

いてみましたが、1cmぐらい

短いですし、そもそも景色と

合わないですね。

楽できるんですが。

s-P1180819 s-P1180821

ピィコのHO用100番とN用の

フレキシブルレールは、常に

2~3本はこんな時の為に、

在庫しています。

 

ミニルーターに0,5mmのドリル

を差し込み、枕木の中央に穴を

開けます。

s-P1180822 s-P1180823

ペンチで、穴に犬釘を差し込み

固定します。

真っすぐ刺し込まないと、犬釘は

グニュットと曲がっちゃうんです

よね~。

道床のカーブに合わせて、順に

固定していきます。

線路の出っ張りは、後で調整す

るんでいいんです。

 

 

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る