保津峡モジュールの線路塗装


s-P1180862 s-P1180864

レールにフラットブラウンを

塗ります。

ガードレールの塗装は表面にも

塗装します。車輪は通らないで

すからね。

s-P1180865 s-P1180866
ジョイナーの所には塗装しません。

落石覆い内のレールにも塗装

します。

 

s-P1180868 s-P1180869

フラットブラウンだけだと錆色

に見えないので、上から薄く

あずき色を塗って行きます。

上のレールは薄くあずき色に

塗った方。

良い感じじゃないですか~

s-P1180870 s-P1180872

塗装が乾いたら、篠原のレール

クリーナーで表面を磨きます。

ガードレールは高さが低いので

表面の塗装は剥げません。

表面を磨いた所。

キンキラのレールは、どうし

ても浮いた感じがしますが、

レールを塗装したら、一気に

風景に溶け込んだ気がします。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る