Nフロア

title

 

 back

 

P1090840  P1070948

 現在は、カント付きの複線線路が発売されていますが、当時はKATOの複線プレート線路が

一番使い勝手がよいように感じ、購入しました。

プレート同士はカチッカチッと気持ちよくはまるので、

駅部分を含めてもセッテイングに10分もかかりませんし

安定した走行状態を維持できますので、一石二丁です。
客車特急や電車特急等の長編成のSカーブ走行やすれ違いなども手放しで見られるので楽しいです。
最大の欠点は、部屋のかたずけが必要な事。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  071226-1

寝っころがって運転するスペースが必要なので、線路配置を窪ませる必要があります。

奥に駅のパターン

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  071226-2

 奥にヤードのパタ-ン

手が届かないので、脱線したら大変!

 

080226-5  080226-4

 手前に3連の複線橋梁。

 

P1070940  080226-1
080226-3 P1070942

 連接が面白い!

先頭車が最大何両引っ張れるか 試したくなり、先頭車に隙間なく鈍りを入れてみました。 

小田急7000形の塗装変更車と10000形の混成ですが、この時は23両、

その後最大で27両編成で走った時は感動しました。
Bトレのこんな小さい車両が26両も引っ張るなんて、すごいです!
27両を線路に乗せるのが大変なので、3両一組にしています。

 

img P1090853
P1090854 P1090847

 こちらはKATOのユニトラック線路。

HO車両をのびのび走らせるには、フロアレイアウトしかない!
曲線550Rです。

 

img

 

モジュールとユニトラックの組み合わせ。
モジュール同士も高さが違うので、本や簡易スペーサーで線路高を合わすのが大変!
でも、情景があるのとないのでは、テンションがまるで違う!!

▲ページの先頭へ戻る