モジュール

title

 

1 設立者二人の頭文字からHNと決まったそうです。当初は、HOの小型機関車と 客車2~3両を対象としたモジュールという事で製作したのに、今では25m級の 外国の電車が普通に入線します。
2 年4回、中百舌鳥(非公開)とメセナ枚方(公開)で2回づつ開催しています。メンバーの持ち込んだモジュールを組み立ててつなぎ合わせます。参加人数に よって毎回長さも線路配置もまちまちで、情景も日本、ドイツ、スイス、フランス・・ でも車両を走らせてもそんなに違和感ないのが不思議です。
3 第1作目を考え中の同時期に、京都へドライブに出掛けて嵯峨野のトロッコ列車と 風景に感動しましたので、テーマを保津峡に決めました。 そしてhataさんのご希望がコーナーモジュールでしたので、90度の角度で制作。 収納も考えた結果、持ち運びと扱いやすさを考えて2分割できるようにしました。
4 次のモジュールは橋と決めていた所、台風被害で廃線になった高千穂鉄道の 橋の中でも特異な五ヶ瀬川第三橋梁をモチーフに、イメージを壊さない程度に デフォルメしました。直線と45度カーブの2分割モジュールで制作しました。 保津峡共々2008年製作。TMS798号(2009年8月号)に掲載。
5 次回作は本格的な鉄橋を作ろうと考えていた所、南阿蘇鉄道の白川橋梁の姿を 見て、あまりのインパクトに感動し何とか物にしたいと思いました。実物の迫力を 壊さないようにかなりデフォルメしました。材料は1mmと0.5mm厚のプラバンです。 1枚1枚をH型に組むことによって、かなりの強度になりました。2009年製作。
6 一目惚れしたBEMOのレールバスVT133を運転会に参加させる為に製作した モジュールです。モジュールの線路を境に、全く別物の風景に切り替える事と、 出来るだけ線路を引き回す事、色んな情景を盛り込むなど、楽しく、見て飽きない モジュールを目指しました。運転手2人と乗客13人が乗っています。2014年製作
7 当社のHO小型車両のレイアウトである、津留花芽高原鉄道のモジュールバージ ョンです。定尺の1/6の小さいモジュールを少しでも奥行きのあるように見せる為 に3段の高低差をつけ、トンネル上に敷地ごと取り外しできる高原ホテルを建てま した。本体は30度の曲線モジュールになっています。2014年製作。
8 自分には全く思い浮かばないであろう、というモジュールが毎回のように披露され、 メンバーの それに国籍も日本、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ等バラバラで、最近はどん モジュール どんハイテク化されてて、楽しいし嬉しいし面白い。
▲ページの先頭へ戻る