メンバーの作品2 NEW!

title

            
mojure

takasさん

長(おさ)駅のモジュール

s-IMG_4006 s-IMG_4012
s-IMG_3825 s-IMG_3916

桜の木は、市販品に手を加えられていますので、いかにも桜という感じで

いいですね~。

広ーい構内と低いホームが超ローカル線の軽便をイメージさせます。

いくらでも見ていられる情景です。透明度抜群の池もあります。

kdさん(HN東京)

キャニオン駅のモジュール

s-IMG_3716 s-IMG_3717
s-IMG_3733 s-IMG_3719

kdさんのキャニオン駅のモジュールです。アメリカ型がお好みのようです。

一番手前の線には、別のモジュールから続く12mmとの3線になっています。

ロックモールドを使った岩山ですね。見たことのある岩の形が・・・

カメラマンとレポーターですよね。岩場の上で、何かの撮影?

岩盤の色が全体にオレンジ系でありながら、自然な色合いですね。

tdさん(HN東京)

Y字ポイントのモジュール

s-IMG_3831 s-IMG_3829
s-IMG_3832 s-IMG_3833

tdさんのY字ポイントモジュールです。私はハンダ付けが苦手で

すので、ポイントを自作する人は本当に尊敬しますよ。

切り替えた方向にLEDが点灯します。ポイント切り替えは手動

で、スイッチは左上の柵の横にありますが、目立ちません。

thさん(HN東京)

クラントン駅西のモジュール

 s-IMG_3741 s-IMG_3740
s-IMG_3947 s-IMG_3923

thさんの、クラントン駅西のモジュールです。ヨーロッパ調の

駅舎の反対側には教会?が

スムーズな動きの遮断機と警報機は自作らしいですが、ポイント操作

と合わせて、スマホでのDCC制御らしいですよ。たしかに裏は線だらけです。

yanaさん(HN東京)

矢ノ倉橋のモジュール

s-IMG_4001 s-IMG_4002
 IMG_3784 IMG_3783

実物の鉄橋は、道路橋だとか。私は、屋形船を見たことがない

ので、逆に新鮮でした、全船、明かりが点きます.

両側にある2階建ての船宿も良く出来ています。

足の木組みも難しそう。以前の由良川鉄橋のように(HPのメンバー

の作品で紹介)コンパクトに収納できるよう考えられています。

からくり箱みたいですよ。

imさん(HN東京)

影待トンネルのモジュール

 s-IMG_3711 s-IMG_3710
s-IMG_3699 s-IMG_3709

道路トンネルと併設されている鉄道のトンネルですが、ここから

まだ進化するのでしょうか。ちなみに作者は十代です。たしか。

kjさん(HN東京)

馬返し湯本のモジュール

 s-IMG_3722 s-IMG_3721
 s-IMG_3724 s-IMG_3723

3つのモジュールがÝ型に繋がっていますが、根元に位置するのが

馬返し湯本というモジュールです。昔のケーブルカーとの連絡駅みたい

です。

右のモジュールへは16,5mmの線路、左の大鉄橋へは13mmと

の3線共用の線路になっています

tdさん(HN東京)

エアセクションのモジュール

IMG_3725  

右側のエアセクションのモジュールで、160km対応の高速新線の橋梁

という設定らしいです。とにかく3つのモジュールの架線が

すごいです。当然自作でしょうからこれだけで膨大な時間が・・・!

tdさん(HN東京)

大谷大鉄橋のモジュール

s-DSC_0162 s-IMG_3726
s-IMG_3729 s-IMG_3966

出た~!見たかった大谷大鉄橋!円柱の橋桁を境に、3分割に分か

れます。材料は、帯材をハンダ付けで組立てて、Nゲージの線路を補強

に使用されています.3線共用の線路を敷いた後は架線が取付けられました。

実物はケーブルカーの鉄橋だそうです。なぜ勾配がついているかは納得

できました。

勾配は12パーミル。1mで12cm登る計算です。こんな勾配、緩和

曲線の上下版の緩和勾配?を付けないと、車体が地面に当たってしま

います。私のドイツナローでも7パーミルですから、すごい急です。

s-IMG_3868 IMG_3730
s-IMG_3846 IMG_3849

ベモの車両は、ラックレールもないのに、ぐんぐん登ります!。

大鉄橋の先は、HNの規格関係なしで、線路を繋げたいそうです。

透き通った川も、リアリステックウオーターみたいなのを固着して

いるんではなく、中が空洞らしいです。私には思いつかない!

もっと理解不能なのが脚です。Xみたいになってる所が、1枚に

なるなんて、いくら見ても仕組みが分かりません!

もっと驚いたのがこれ!

普通、高さの調整は脚の先に調整器を取り付けるのですが、

この人は、上のネジを回してモジュールを持ち上げるんですって!

kjさんの発想がすごすぎ!

isaさん(HN北九州)

風と桟橋のモジュール

s-IMG_3798 IMG_3796
s-IMG_3800 s-IMG_3799

風と桟橋のモジュールという、風を感じる風景と言う事で、海が波打っ

てますね。

レンガ造りの砂の集積所でしょうか。コンクリート桟橋って初めて知り

ましたが、本線と交差して海に突っ込む線って、インパクトありますね。

 

 

isaさん(HN北九州)

オーバルモジュール

s-IMG_3795 s-IMG_3797
s-DSC_0027 s-DSC_0028

HN北九州から一人参加のisaさんのオーバルモジュールです。

約5,5m x 2,2mという、畳でいうと8畳のでかいサイズを

12分割にして、一人で車で運んで来られました。大変・・・

外周りはDF50が引く青大将6連、内回りはキハ82系4連です。

nakaさん

紅葉線のモジュール

s-IMG_3743 s-IMG_3746
s-IMG_3744 s-IMG_3745

nakaさんの京都もみじ線です。hatagさんのHとnakaさんのNで

HNモジュールになったとか。

彼はお客さんの要望でジオラマを製作する、プロ製作者の方です。

すばらしい情景ですね。

   

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

▲ページの先頭へ戻る