保津峡

title

 

mojure 

 

1 2

私は長年にわたってNゲージだけを楽しんで来たのですが、当時hataさんのHNモジュールに参加させて頂くにあたって初めてのHOサイズという事で、第1作はインパクトのある情景をと考えていました。

そして同時期に京都の嵯峨野にドライブに行き、嵯峨野のトロッコ列車の風景に感動し題材に決めました。

秋の風景でありながら紅葉が寂しかったので、3年後の2011年に背景モジュールを製作し紅葉のボリュームアップを図りました。

無人駅のモジュール

  実在しない保津川という無人駅のモジュールです。季節は紅葉の秋。ホーム後方には落石止めの柵、

 その上には展望台を兼ねた駐車場があり、ここも紅葉の名所になっています。

 
P1040205

隣の嵯峨野駅から駅員さん
が掃除や草花の世話をしに
来られます。

a-P1080170

この車両は、フランスのプロ
ヴンス鉄道の気動車です。
hatagさんのフルスクラッチ
ですが、全く違和感はあり
ません。

Exif_JPEG_PICTURE

駅の上方には、展望台を
兼ねた駐車場があり、紅葉
の季節には車から絶景が
楽しめます。

1

面まではもう少し高さが
ほしかったのですが、収納
の事を考えて、この高さに
おちつきました。水面に目を
合わせて見上げると、思っ
た以上に迫力のある絵にな
ります。

 
P1000127

高千穂鉄道の亀ケ崎駅をモ
デルに製作した待合室。無
人駅ですが、駅から下ると
しゅうらくがあるという設定
ですので通勤客もいます

a-P1080203

最初は、小型機関車に数両
の小型客車という設定でスタ
ートしたクラブですが、今で
はこんなに長い連接車も普
通に入線してきます。

 
P1040121

保線小屋には作業員が
3人。車両の通過待ちです。

P1000276

一番広い所で600mmの幅
で、45度。カーブは730R。

 
P1000304

製作して8年もたって初めて気づいたのですが、
案内レールは普通、内側につけるらしいです。
前回の運転会で、inouさんとhatagさんに
ご指摘をうけました~。付け替えねば。

P1000255

駅の裏の駐車場に向かう、坂道の
途中の古~いセリカです。
新婚当時乗っていたので、夫婦で
乗ってると想像して楽しんでいます

 

落石覆いのモジュール

無人駅のモジュールとはセットになっておりますが、左右どちらにも接続できますし、単体で他のモジュールと

繋ぐ事も出来ます。

落石覆いは、JR大和路線の大河原付近の物を以前画像を見て気に入っていて、これを参考に製作しました。

20m級の車両の通過と名鉄モ500がパンタを上げてぎりぎり通過できるように作っています。

 
P1000152

落石覆いは、曲線上という事もあり、
コンクリートの表現も必要でしたので、
製作は試行錯誤の繰り返しでした。

P1000132

トンネルと違って、車両が
ちらちら見えるのが、何とも
いい感じです。

 
P1000251

擁壁や岩盤の配置は、自然に
見えるように苦労しました。

IMGP3705

落石覆いの上は、草が覆い尽くす
感じにしたかったので、何回もやり
直しました。手前は、フォーリッジを
使用して、かつらのように少しめくれる
ようにしました。

 
P1070236

hatagさん製作の、DD13版の
嵯峨野トロッコ列車です。DE10
よりDD13の方が好きらしいです。
とてもいい感じですねぇ。

a-P1080111

小さな橋もアクセントとなっています。
上方から小さな渓流とともに流木も
流れついています。

 
1

擁壁や落石覆いのコンクリート感や
それに続く岩場の表現等に苦労しま
した。

P1000313

保津川下りの船をいずれ作って
手を振るおばちゃんを表現したい。

 
P1000270

俯瞰からモジュールを見た所。
結構コンパクトです。

P1000119

メンテナンスの為に、落石覆いは
取り外しができるようにしました。

 

紅葉の背景モジュール

 

紅葉が寂しいので、紅葉のボリュームアップを図る為に背景モジュールを製作しました。 

2台で約150本の樹木を製作しましたが、資金難の為に肝心の紅葉は少ないで

 す。

   

 
 
a-110119

スタイロフォームを積み重ね、
形を整えていきます。

 
a-P1080057

2台を接続して確認。

 

a-P1080076

表面に、水に浸したプラスタークロスを
貼り、ボリューム不足の所は紙粘土を
盛り付けます。

a-P1080078

地表の塗装。10倍以上に薄めた
アクリル絵の具を、上から筆でた
たきつけるようにすると、何種類か
色が混ざって自然な色合いに。

 
a-P1080079

カラーパウダーやターフを散布

a-P1080084

薄めた木工ボンド水溶液を使用して
固着していきます。

 
a-P1080093

樹木の製作。枝ぶりを調整します。
カトーの樹木キットを何種類か使用。

a-110123

全部で150本ほど製作しました。結構
時間がかかりました。

 
a-P1080087

元の樹木を少し引き抜き、全体の
イメージを想像します。

IMGP7705

 
a-P1080098

資金難の為、紅葉の数はすくないですが、
以前よりかなりボリュームアップとなりました。
緑が多いと紅葉がより映えていいですね。

a-P1080110


継ぎ目は目立たないように処理しています。

 
a-110216

背景モジュールも専用の箱を
作りました。

   
 製作過程  
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つのモジュールの土台を5mm合板
から切り出します。
2つで90度の角度、幅1200mmの
ラックに入れるとカーブは730Rに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脚の差し込み部分は5cmに決めて、
他の部材を切り出します。
線路のケガキを済ませておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組立ます。
コルク道床を敷いておく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脚は簡単な差し込み式にしたので、
先に差し込む側の部品を固定して
おきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落石覆いはカーブにあるので、まずは
ボール紙で作ってみて、各部分の寸法
を細かくチェックしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体は、加工し易いバルサ材を
表面に使用、発泡ボードを補強
と内貼りに使用します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一応形にはなったものの、コンクリート
の質感をどう出すかが課題に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

妻の部分は、特にコンクリートの
質感をだす必要があったので、
その部分だけをプラスターで製作。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

試行錯誤の上最終的に実施したのは、
バルサ材本体をストーン調スプレーで
塗装し、妻部分を接着。接合部を再度
ストーン調で筆塗りしました。

保津峡 013

ホーム後方の落石柵は、エバー
グリーンのT形材と細かい金網で
製作しました。

0711-4

ホームはバルサ材を使用しました。
ボール紙の細い帯を貼っていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩盤は、ロックモードにプラスターを
流し込んでいくつか製作。コンクリート
擁壁は、べニア合板のざらざらの方
で角棒を四角に組んで石膏を流し込み。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別に製作しておいた、岩盤や擁壁を
仮に配置していきます。線路はピィコ
の100番フレキシブルレール。バラスト
を撒いて柵を取り付けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石積崖の所に目の細かい金網を
貼り、その上に紙粘土を厚めに盛
りつけしました。

P1060006

真鍮板で製作した四角いパイプを
押し付ける、紙粘土プレス製法で
作りました。溝に薄めた黒のアク
リル絵の具を流し、ハイライトを
付けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

渓流をまたぐ小橋は、HO用ガーター
橋をカットした両側を利用して、他は
プラバンを利用して製作。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仮置きした擁壁や石崖を固着して
いきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成が見えてきました。この辺から
早く完成させたくてワクワクしてきます。
作業もはかどります。

IMGP3654

線路をマスキングして地面の塗装
を行います。

IMGP3698

樹木を製作。

IMGP3754

水面をアクリル絵の具で塗装。薄い色
から深い所は濃く塗装していきます

IMGP3760

グラスポリマーメディウムを薄く
流し、24時間がまん。

 

 

 

誌面掲載

1

 

▲ページの先頭へ戻る