運転会に向けて 津留花芽観光鉄道モジュールの修復


 

600mmx450mmというサイズの中で、

モジュールの機能とHO小型レイアウトを

融合させたモジュールです。

 

少しでも奥行きがあるように見せる為に

3段の高低差をつけています。

一番奥のホテルは敷地ごと外せるように

して、トンネル内のメンテ機能も兼ねています。

トンネル内はこの通り。

レイアウトは、HOなのに脅威のR160です。

モジュール本線はR730です。

ホテルの敷地をとり付けた所です。

人形や車がほとんど外れています。

樹木は着脱式にしています。

ホテルをはめた所です。

この後、高級車を3台駐車、お客さんも

増やしました。

踏切板が外れていたので、応急処置として

段ボールを貼り付けました。

右側ですが、あまり目立ちませんね。

本体が小さすぎるので駅本屋の敷地は

着脱式になっています。

駅舎が外れていたので、この後取り付け

ました。

 

ホテルと農家が3段目、レイアウトが

2段目、築堤をくぐる道路が1段目に

なっています。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る