ナロー 寝子山秘境線の製作 振り返り1


昨年7月、無性にパイク〈極小レイアウト)

が作りたくなり、ここまで作業を進めて

きましたが、中断しています。

B4サイズのコルクボードを使ったので、

ほんとにコンパクトなナローレイアウトです。

 

ティンバートレッスルでひやひやして、

カーブ入り口で小さな駅、駅から伸びる

長い階段を上ると、,ぽつんと一軒家。

山上からの源流が落差が大きい滝に

なる、まさしく秘境線。

ていうのを作りたかった。

まずは路盤の3mm厚の合板をカット。

トミックスの線路でエンドレスを組んだら

ボールペンで路盤に書き写します。

路盤の下に3層のスタイロフォームを

敷いて、1層ずつ路盤に合わせて

カットしていきます。

結構ひやひやの高さでしょ。

線路は、PEKOの、ナロー用フレキシブル

レールを使用します。

まずは試運転。

YT133レールバスが、車体を揺らしながら

超スローで走ります。

橋の所は枕木を外して線路だけなので怖い。

 

トンネルポータルの片方は、落石覆い

風にしてみました。

線路の中央にもスタイロを積んでいき

ます。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る