HO レイアウト 柚子渓谷鉄道の製作②プラン


さすがに1200mmx800mmは大き

過ぎるので、100mmづつ伸ばした

1000mmx700mmに決定しました。

最急曲線をR200にした上で、2周

まわりで駅で待避できるように。

小型レイアウトで2周回りだと、どう

しても勾配がきつくなるので、今回は

トンネル内での平面交差を選びました。

その為に購入した、PECOの24度

小型クロッシングです。

で、色々考えて決定したプランが

こちらです。

と言っても、シーナリーは何も

考えていません。

とにかく、鉄道名に渓谷とつく以上

奥には渓谷を作りたいです。

今回は路面のベースを、5mm厚の

スチレンボードにしました。

収納を壁掛けにしたいので、軽量化

を図る為です。

線路を固定したら、かなり丈夫に

なりますし、騒音も抑えられます。

このガイドの良い所は、そのまま

ベースにケガキが出来ることです。

ボールペンで、1枚1枚なぞって

いきます。

ポイントの所もこんな感じ。

一応、R240等の情報も、記入

していきます。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る