HO レイアウト 柚子渓谷鉄道の製作⑧線路敷設


クロッシングから線路を敷いて行き

ますが、Sカーブになるので、この

先のR200と曲線が反対のこの

部分は、単体で取り付けます。

この先はR200です。

こんな急曲線になると、レールに

曲げ癖がついていないと、ちゃんと

曲がってくれません。

そして、内側は枕木をつなぐ所を

出来るだけカットします。

線路はPICOの100番レールです。

まず線路からレールを引っこ抜きます。

内側をカットしたおかげで、けがき通り

に綺麗に接着できました。

 

次のSカーブの手前で止めます。

半円を一気に仕上げます。

レールに曲げ癖を付けていきます。

端から順に少しずつ、3往復ぐらい。

少しずつ曲げていかないと、力を

入れると曲げすぎてしまうので。

それが脱線の原因になります。

レールの先を削って、枕木に

入りやすくします。

先端を少し内側に曲げて左指で

レールを押し込むと、面白いように

スルスルとレールが入っていきます。

最初のS字カーブに繫げました。

小レイアウトはこれが大変なんです。

R300以上だと、枕木の内側をカット

しなくていいし、レールを外さなくても

線路ごと敷設できますからね。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る