美栗観光鉄道 待合室付ホーム製作①


 

s-P4060497

 

s-P4060485

とても親切な、大変分かりやすい

写真入りの組立説明図がありま

すので、間違える事はないと思

います。

接着材はタミヤのクラフトボンド

を使用します。

切るのにちょっと力を入れると

ふにゃ~っと曲がってしまい

そうな・・・。

取扱いに気を使うわ~。

 

s-P4060486 s-P4060488

待合室の窓に塩ビ板を裏から貼り

付けます。

キットには付いてなかったので、

手持ちがあって良かった。

待合室の中にお客さんが

います。

車両の中に、運転手や乗客が

いるのと一緒で、少しでもリアル

に見せる為には必要でしょう。

s-P4060489 s-P4060490

窓のない背面には、Nゲージの

駅のストラクチャーに付属の、

観光案内図と時刻表を貼りまし

た。ベンチは外国製です。

お客さんは6名入れました。

内2名は登山客です。

一応、渓谷から高い山に続いて

いるという設定ですのでね。

待合室の扉は少し開けた状態

で固定しました。

LEDを取り付けたいので、屋根

は固定していません。

結局、塗装は後回しです。

良い感じじゃないですか!

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る