新モジュールの製作②橋梁の土台


 新モジュールは実物の橋梁をモチーフにして製作していきますが

橋梁の名前は、製作の進行と同時に明らかになってきます。

もう分かっている方もおられるでしょうし、最初は伏せておきます。

こちら、直線ならまだ楽なんですが、このカーブが厄介なんです。

s-DSC_0179 s-DSC_0174

唯一残っている橋梁の土台部分です。

ちなみに実物のカーブはR600m。

HO換算でR7500mm。

それは無理なんでR3000mmの

緩いカーブにしています。

リビングの目地の所に糸を結んだ

画鋲を突き立てて、それを支点に、

3m先の糸にはシャーペンを付け

コンパスの要領で2mm合板に

R3000の曲線をケガキました。

これ以上の曲線は、部屋が狭い

ので無理です。

2mm合板の上に4mmのスチレンボード。

8mmx4mmの檜棒を内側のカーブに

沿って貼り、その上に4mmx3mmの檜棒。

ここには手摺取付けの穴を開けました。

外側の淵に沿って5mm角の檜棒を

貼り付け、その上に作業員通路を

取り付ける目安の5mmx2mmの

プラアングル。作業員通路の4mm

スチレンボード。

手摺用の檜棒は、3mmずつにカット

して取り付けているので、結構時間が

かかりました。それで、土台はこのまま

使用します。

 

 

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る