長浜鉄道スクエア 素晴らしいHOレイアウト!

2019年3月21日 木曜日

もう1つの建物が長浜鉄道文化館です。

天井は複雑な木組みのアーチ作りです。

長浜の鉄道文化を後世に伝える資料館に

なっています。

黒い部分の2階にあがると、HOレイアウトが

展示されていました。

10畳ぐらいの部屋の壁沿いに作られた

HOレイアウトって感じですね。

長浜駅を中心に構成されていて、全線

複線になっており、駅にはそれぞれ

待避線があります。

長浜駅を忠実に模しています。

緑のボタンで内まわり、赤いボタンで外

回りの列車が走ります。

外周りに、0系新幹線。

内回りに、285系サンライズエキスプレス

と、C56が引く 北びわこ号が停車して

います。

緑のボタンを押すと、滑らかに285系が

室内灯を明るく照らしながら走り出しました。

誰の製作か知りませんが、周りの景色が

素晴らしいんです。

藁葺屋根の民家や小屋等のストラクチャー

や、段々畑や樹木が、すごい実感的なのです。

中間の無人駅のさびれた感が素晴らしいです。

また、全線に渡って貼り付けてある背景の写真

が、本当の風景のようにマッチしています。

この辺りは、ゆる~いSカーブになっています。

 

あべのハルカスみたいなビルが建っています。

未来の長浜市なのでしょうか。

トラス橋も絶対に手づくりです。

川も丁寧に作られていますし、背景の写真

とうまく繫げています。

こんなレイアウトが家にあったなら、ぼーと

見ていたいですね、夢ですね。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

長浜鉄道スクエア 旧長浜駅舎

2019年3月19日 火曜日

結婚〇〇年を記念して、琵琶湖を車で一周回ってきました。

そこで立ち寄ろうと思っていた場所の1つが、長浜鉄道スクエアです。

実は、そんなに期待はしていませんでしたが、良い意味で裏切られました。

1882年に完成した、現存する駅舎では日本

最古の駅舎です。

当時は、駅自体が珍しかったので、沢山の人

が見物に来たそうです。

建物内には、当時の待合室や駅長室などが

実物大の人形と共に展示されています。

 

当時の長浜駅のジオラマで、左端の建物

が駅舎です。

長浜から南がまだ開通していない間は、すぐ

そばの琵琶湖を利用して、荷物を船で運ん

でいたそうですよ。

旧長浜駅舎に隣接して、展示用の建物が

2つあり、1つが北陸線電化記念館です。

真っ赤な、ED70 1号機が展示されてます。

北陸本線の交流電化に合わせて製造された

日本初の量産型電気機関車です。

運転席にも入れますし、椅子に座ると

不思議な気持ちになれます。

機関車のマスコンのノッチの刻み多く、

楕円の外形が大きくて足元は狭いです。

緑ナンバーの、D51 793号機。

金沢で廃車になり、長浜市の豊公園で保存

されていたのをこちらへ移設されたそうです。

 

保存状態は2台ともピカピカで最高。

キャブの下のごじゃごじゃした配管

やらが、すごく良いな~。

ED70の屋根上が見えます。

2台とも2階から見られます。

2台の間の通路には、北陸本線で活躍

した車両の模型を展示しています。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

Nゲージ 初代吊り下げ鉄道で運転会

2019年3月12日 火曜日

5年前に、初代Nゲージ吊り下げレイアウト(2代目は、JR狩伊奈線)を製作しました。

900mmx600mmのコルクボードを使い、曲線も外側はR280を使用しているので、

全車両の走行が可能です。

実は鉄道模型趣味の叔父が病気でレイアウトを作れなくなったので、3年前にプレゼント

したのですが、その叔父が年末に亡くなって、四十九日が済んだので手元に帰ってきました。

製作当時、この様に壁に吊り下げて

保管していました。

こちらも製作当時ですが、内周線は、

ローカル線で2つの駅と待避線があります。

外周線は、長編成を手放しで走らせる

のが目的です。

ホームの屋根は完全にないですし、屋根が

外れている家屋もあります。

こちらは、商店が2軒、消滅しています。

何年も線路を磨いてないはずですので

多分車両は走れないでしょう。

まずは、篠原のレールクリーナーで

磨きます。

その後、綿棒にクリーナー液をしみ

込ませましたが、こんなに汚れました。

フィーダー線を繋ぎました。

EF210と、コキ+ヨの編成を、線路に

置いてみました。さあ、走れるのか?

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HO KATO EF510北斗星色入線④南阿蘇白川橋梁を走る!

2019年3月10日 日曜日

奥の天の川橋梁をかたずけて、より大きい

白川橋梁のモジュールを引っ張り出してき

ました。

モジュール同士を積み上げるので、橋梁が

損傷しないように取り外し式にしています。

こちらにもフィーダーが付いています

ので、即運転が開始出来ます。

取り外し式のトンネルから出てきたという

想定からスタートします。

1/80サイズで製作すると、長さが2mにも

なるので、1/160サイズの長さ1mにディ

フォルメしていますが、それでも大きいです。

線路までの高さは450mm。実物換算で

36mビル10階立ての高さです。

プラバンで3か月かけて作りましたが、強度

に問題はありません。

超スローで走り出しましたが、高い所を

走っているので、結構怖いです。

 

貨車4両牽引しての走行は余裕です。

次の運転会では、持ち込んで思いきり

走らせてやりたいです。

試運転の結果としては、かなりリーズナブル

だと感じました。お買い得です。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HO KATO EF510北斗星色入線④トラス大鉄橋を走る!

2019年3月9日 土曜日

 

でっかいモジュールを引っ張り出しました。

モジュール毎にフィーダーが付いています

ので、すぐ動かせます。

上路式トラス橋を作ったのですが、長さは

1mが限界です。紙製ですが、約700gの

車両を乗せても、びくともしません。

川面から線路までの高さが320mm、実物

換算で25m、ビル7階建ての高さです。

EF510-500形、超スローで発進します。

貨車を4両引いて鉄橋を通過中です。

すごく絵になります。

行ったり来たりしかできないのが残念。

でも、貨車よりブルートレインを引かせたい!

HOの客車は高いので、たぶん買えないの

ですが、アリイのプラモのブルトレ客車が

あるので、早急に組みたてて引かせたい

です。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HO KATO EF510北斗星色入線③モジュールを走る

2019年3月7日 木曜日

モジュールを繋げて走らせたい所ですが、

モジュール自体の高さがバラバラなので

繫げることが出来ません。

規格では脚を取付けて線路までの高さを

940mmに合わせています。

これは高千穂のモジュールです。

京都保津峡の、落石覆いがあるモジュール

です。

1つのモジュールを行き来するしかないの

ですが、ついでに線路のメンテも行います。

京都保津峡の無人駅のモジュールです。

私のモジュールはすべて非電化なので

架線柱が立ってるイメージでお願い

します。

経年経過で、岩は白く、緑は淡くなって

いますので、運転会迄に手直しが必要

です。

私のモジュールの曲線はR730と緩やか

ですので、余裕で走行します。

カーブホームには接触しません。

このモジュールを製作して早や11年。

3年前に、線路とバラストを全部剥がして

新しい線路に付け替え、バラストも茶から

グレーに変えました。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HO KATO EF510北斗星色入線②R370を走れる秘密

2019年3月6日 水曜日

キハ52はR370の急曲線を走行できました

が、中央部は線路からかなりはみ出ていま

した。

機関車は中間車軸があるので、通常では

まがれるはずがありません。

ですから、R370の曲線を回れる秘密は

この中間車軸です。

片側に約10mm程度横移動出来ます。

R370のレールに合わせてみると、この

通りそのまま線路に置けます。

内側はそんなに気になりません。

外側はどうしてもこうなります。

中間車軸が、車体より約7mm出張って

います。

R550でも約4mm出ていますが、目を向け

なければいいんです。

私のHNモジュールの曲線はR730を使用

していますが、上から見ると少々出ています。

でも、走行中は気になりません。

他の車両と繋ぐと、かなりきつそうですが。

実際に走行してみると、超スローでも

スピードを上げても、問題なくR370を

走行出来ます。

しかし取説によると単機のみとなって

いましたので、客車は引けないのかな。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HO KATO EF510北斗星色入線①安すぎる!

2019年3月5日 火曜日

元々KATOのEF510形は、トミックスと比べ

てもかなり安かったと思いますが、アマゾン

見てたら8000円台で売ってたので、買って

しまいました!。

HOの機関車が8000円台ですよ、トミックス

の1/3です。安~!その上翌日届きました。

車重694gて、重すぎへん?

ちなみに、南部循環キハ10が138g、

名鉄モ510でも168gですが・・・

こりゃ重いわ、まるで鉄のかたまりやん。

当然フライホイール搭載でしょうから、

走行性能は予想できますけどね。

NゲージでもKATOの機関車の走行性能

については信頼していますので。

トミックスより若干簡素化されているかも

しれませんが、十分細かいです。

不満なのは、カプラーがケーディ5番じゃ

ない事で、取付けできるのか心配です。

台車には砂まき管なんかも表現されていて

大変実感的です。

500番台の無線アンテナや信号炎管、ホイ

ッスル等が省略されています。

車体を包む袋が切れていたので、ひょっと

したら新品じゃないかもしれませんが、この

ガラス窓のずれはひどくないですか?

連結器のテコの部品が、片方には

ありませんでした。

安いからしょうがない?

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HOゲージ R370の運転会 ②

2019年3月4日 月曜日

バックマンの44tディーゼル機関車です。

走行音が静かで、スルスルと走り出します。

ただ、台車の可動が少なく、急曲線の小型

レイアウトでは走行出来ません。

今日は思う存分走らせてやりました。

宮沢BタンクとエンドウB20の重連です。

走行は良好ですが、Bタンクの横揺れが

出てきているので、メンテが必要です。

バックマンのCタンクとリリプットの客車で

編成を組んだ、当社の急行列車です。

Cタンクは、大柄で重たい分超スロー走行

も得意です。

 

トミックスのキハ10とエンドウのキハ02。

小型レイアウトでは貴重な車両たちです。

いつも小さいRばかり走らせているので、

今日はのびのびですね。

キハ10は、M車もT車も常点灯室内照明

ユニットが効いていますね。

カワイの路面電車です。

半世紀ぐらい前の製品で、走行音がうるさい

ですが、何か憎めないです。

バックマンのサンフランシスコケーブルカー

です。台車の可動が少なかったんですが、

R160を走れるまで、やすりで削りまくり

ました。お客さんが12人乗ってます。

2軸集電ですが、結構スローで走ります。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

HOゲージ R370の運転会

2019年3月3日 日曜日

先日、日本橋でKATOのR370を購入し

キハ52が走行できる事を確認出来たので

アマゾンでさらに2セット購入し、これで

楕円を作れます。

直線を2本分挟んだスペースですが

1260mmx790mmと、まるでNゲージの

普通のレイアウトのサイズと変わりません。

HOゲージとNゲージのキハ52を置いて

みた所です。

今までのR550とは、楕円のサイズが全く

違います。

キハ52のゴールデンコンビを走らせる

のは久しぶりです。

このサイズですと、いつでもOKですね。

しかし、直線から緩和曲線を挟まずに直接

R370に繋ぐと、これだけのずれがでます。

間にR730ぐらい入れると、綺麗に曲がって

行くんじゃないですか。

ちなみに、私のHNモジュールの曲線の基本

がR730です。

トミックスのモ510形の急行色が売り

切れで、仕方なくスカーレット色を買った

のですが、どうしても気に入らなかった

ので好きな色に塗り替えました。

中々爽やかな塗装だと、自画自賛して

いるのですがどうでしょうか。

この車両もR160が無理なので、のびのび

走っています。

遠目では分かりませんが、客車の方は

かなりおんぼろです。

1月の鉄道博で手に入れたEB66が調子

いいので、おんぼろ客車も思いきり走れて

満足そう。

早く綺麗にしてやりたいですね。

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

▲ページの先頭へ戻る