Nゲージ 長編成の運転会 2

2020年5月27日 水曜日

 

KAT0の583系月光型10連です。

基本セット7連に増結3連追加しました。

10連がガンガン走る姿は最高ですね。

 

私はどちらかというとボンネット型が

好きで、月光型と言われる角ばった

先頭車両はあまり好きではありません。

しかし、583系は別です。このブルーの

ラインはこの車両にしか似合いません。

屋根上高圧機器が精密に再現されて

いるモハ582が編成に3両もあるんです。

このごちゃごちゃが大好きです。

外周り線で583系を手放しで走らせている

間に、内回り線でキハ10系とシーガイア

の入れ替え運転を行いました。

KATOの10両用車両ケースを使い

583系10連を1まとめにしました。

285系サンライズエクスプレス7連

ですが、窓配置がそれぞれ違って

楽しいですね。

まだ実車は見た事ないのですが、岡山

での分割併合をこの目で見たいですね。

久々運転ですが、すこぶる快調です。

赤とベージュの配色も、この編成以外

には考えられないですね。

名古屋のリニア鉄道館の大ジオラマで

14両編成のHOサイズの285系が

雄大に走行している姿が目に焼きついて

います。

 

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

Nゲージ 長編成の運転会1

2020年5月25日 月曜日

JR狩伊奈線で運転会を行うと、3両編成が

限度ですので、今日は10年位前に作った

初代壁掛けレイアウトを使用します。

サイズは1100mmx600mmで、複線に

なっています。

内回りは待避線付きの駅及び、終端駅が

あり、2列車の交換運転が可能です。

内回り線とダブルクロッシングで繋がった

外周線は、R249の曲線で長編成を

ぶっ飛ばす為の線です。

ですので外周線で運転会を行います。

まずは走行出来るように、篠原の

レールクリーナーでレール面を磨きます。

最後に綿棒にユニクリーナーを付けて

掃除。

まずは885系白いかもめ6連です。

半年ぶりぐらいに動かしました。

周回を重ねるうちに好調になりました。

車両が傾いているのが分かりにくい

ですが、直線から曲線に入るときの

傾き方が何か色っぽいんですよ。

クロハの窓配置は良いですね~。

次は787系、シルバーメタの車両が

精悍でカッコイイです。

窓配置がバラバラで飽きが来ないです。

外周線はR249なので、一応どんな車両

でも問題なく入線できます。

8両編成のぐるぐると走りっぱなしを

ぼーと見てるのもいいもんですね。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

Nゲージ 自宅で運転会

2020年5月23日 土曜日

今年に入って、ずっとレイアウト製作三昧

だったので、久々の自宅で運転会です。

以前京都鉄道博物館の屋上からEF210

が引くコンテナ編成を見たので再現。

小さい桃太郎のロゴが入った機関車は

結構カッコイイですね。

内側ループは、機関車はもちろん20m級

コキもR216を通過できました。

長野電鉄のゆけむりは4両編成ですが

実質20m級の2両半分の長さしかない

ので、扱いやすいです。

R216、5%の勾配は難なくクリア。

気持ちよく登ってくれます。

今の勤務先が近鉄橿原線沿線なので、

ビスタカーを見る機会が多いです。

実物を見られた日は、すごく幸せな

気分になります。

R216の内側ループを駆け降りて

くるビスタカーですが、車体同士の

当たりはないですが、曲がり方は

厳しいです。

スイッチバックの駅を横目で見て、築堤

を上るキハ81系ブルドック。

外周のR249でも車輌間隔がないので

すが、R216もセーフです。

トミックスのキハ181系です。

特急同士の交換風景です。

キハ400系急行利尻ですが10年がかり

で手に入れた事もあり、ユニーク編成で

大のお気に入りです。

 

3両セットで買ったしまかぜですが

このレイアウトでは3両がジャスト

サイズです。

 

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区 ジオラマのページに追加!

2020年5月20日 水曜日

電気機関車のねぐらを作ってやり

たいし検修庫の内部も作りこみたい!

という気持ちで甲府モデルのキット

を使用する事にしましたが、おかげで

納得できる作品ができました。

製作記の編集が完了しましたので

ホームページのジオラマページに

追加いたしました。

ブログのついでにホームページの

他のページも覗いて頂けたら大変

励みになります。

 

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区製作記の編集6 完成まで!

2020年5月19日 火曜日

グリーンマックスの乗務員詰所が手に

入ったので塗装して組み立てました。

固定してLEDの点火確認を行いました。

保線区詰所にします。

単線架線柱におまけに付いていた

変圧柱を組みたてて取付けました。

車両工場横に敷いた帆千区用の引き

込み線にバラストを撒きました。

通路と線路の間に警戒色に塗った

手摺りを取付けました。

津川洋行のサクを固定し、その前に

GMの継電箱、キュービクル、工具箱

を並べました。

 

GMの保線用デーゼル車を組み

立てました。

手前が塗装済キット、奥が未塗装

キットを塗装したものです。

最後に作業員を配置しましたが

一気にリアルさと活気が出てきました。

一人一人の気持ちや動きを考えて

配置してみましたが、結構楽しい

時間です。

近代型詰所の1階は、機関車乗務員

の詰所になっています。

乗務が終わった人とこれから乗務する

人との入れ替わり風景です。

耕な委を走行するフォークリフトには

運転手を乗せています。

車両工場の手前に壁面があると

クレーンの出し入れが難しいと思うの

ですが、固定しました。

手前の屋根だけが開口しているので

そこからクレーンをセットできるか試し

てみます。

クレーンの吊り下げ部分にEF66の

車体を通します。

クレーンを固定しない方が、楽しめる

と思います。

5番線に設置されたリフティングジャッキ

にEF81北斗星牽引機のボディを載せます。

台車を並べて作業員がいて、天井に

クレーンがあるリアル感がいいですね。

車両工場と検修庫に屋根を取付けた

所です。

ねぐらが出来て、機関車達は喜んで

くれているでしょうか。

改めて甲府モデルのキットを使って

良かった!

ここまで予想以上に工程が多く2か月

もかかってしまいましたが、想像してた

以上に出来たので、大変嬉しいです。

これからは、頻繁に車両の場所を入れ

替えて楽しみます。

毎日帰宅したら、検修庫の照明を点け、

ぼーと眺めるのが至福の時間となり

そうです。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区製作記の編集5 バラスト散布まで

2020年5月18日 月曜日

通路の黄色の警戒色のラインは、ホーム

用のシールを使用しました。

通路にラインを入れて固定しました。

3番線は洗浄ラインですので、GMの

車両洗浄機と洗浄台を購入しました。

洗浄機を組立て配管の塗装もしま

した。

洗浄ラインはピット線路を使います。

実際はどうか知らないですが、余って

いるので。

 

点検用のはしごを取付けた洗浄機を

固定しました。

洗浄台の手摺と前面を警戒色にして

固定しました。

線路はKATOなのですが、トミックスの

架線柱が良く出来ているのでこちらを

使います。

支柱はコンクリートタイプと鉄骨タイプ

が選択できて各6本ずつのセットです。

トラスビームがジョイント構造になって

いて、

間に島式ホームが入った複線は線路間

55,5mmになりますので、18,5mm

のトラスビームを間にはめ込みます。

他にも9mmや37mmのトラスビーム

がセットになっていますので、3複線や

複々線等にも対応できます。

4,5番線はトミックス仕様なので線路幅

は55,5mmでばっちりです。

1,2番線は、KATO仕様なので線路幅は

49,5mmですが、架線の幅は46,5

mmで3mmずれます。

真正面から見ないとあまりわかりません。

バラスト散布の為、線路脇の地面を

3mmかさ上げします。

架線柱の固定部分を切り抜いて

かさ上げ部分をグレーに塗装します。

KATOの側溝キットです。

洗浄台横に側溝の溜ますを貼りつけ

そこから分岐します。

側溝の敷き回しが完了しました。

線路の塗装を忘れていたので、筆で

レッドブラウンに塗装しました。

バラストを撒きます。

3倍程度の木工ボンド水溶液を作って

おき、スポイドで丁寧に注入しました。

全部撒きました。

乾いたら、バラストで埋まった枕木を

カッターで堀り起こしていきます。

カッターで堀起こした後です。

結構時間がかかりました。

照明の配線を裏側で行い、ワニ口

クリップを外に出しました。

部屋の電灯を消してみて、半分くらいの

明るさにした所です。

100%の明るさですが、建物の中が

明るくなればなる程、電留線は暗く

なりますね。

実際の電留線には照明があるので

しょうか。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区製作記の編集4 LED照明

2020年5月16日 土曜日

アマゾンで購入したLEDテープが

届きました。

長さ5mでLEDが300連です。

それが2000円もしないんです。

5cm毎にカット出来ますので

超リーズナブルです。

DCに繋ぐと結構明るいですよ。

15cmで9個のLEDです。

検修庫の梁には切り欠きがあり、

LEDなどを仕込む事は出来るのですが

当初は照明なしのつもりだったので

奥の屋根を固定してしまいました。

おかげでLEDテープを切り欠けに

セットするのも、コードを引き回す

のにも時間がかかりました。

その上、コードが丸見えで不細工です。

手前の屋根と壁は取り外しできるように

していますが、屋根を固定している奥は

やはり暗いです。

LEDを付けると奥なのにめちゃ明るい!

LEDってすごいな。

検修庫で使ったLEDにはコードが付いて

いましたが、残りは切りっぱなしのテープ

にコードをつける必要があります。

表面は、防水の為にシリコン樹脂で覆わ

れていますので表面の樹脂を切り取って

接点部分を露出させます。

コネクターをLEDテープと一緒に

購入しました。接点を露出させて

プラスマイナスの向きが合うように

差し込みました。

コネクターの蓋を閉めて出来上がり。

引っ張ったら接触不良がおこるので、

ハンダ付けがベストでしょうね。

15cm9LEDは、とても明るいです。

車両工場の屋根の切り欠きにLED

テープを貼りました。

車両工場を両面テープで土台に固定。

建物の線路を固定しました。

 

スチロール板で通路を作りました。

発売から30年以上たっている、近代型

詰所。

まずは塗装しました。

接着材は、タミヤの速攻流し込み用。

警戒色のラインや安全第一の文字も

貼り付けて完成です。

LEDテープを5cm、3LEDでカットして

コネクターを取付けて点火確認。

照明点火の確認。
通路を塗装しました。 通路と近代型詰所が繋がりました。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区製作記の編集3 車両工場完成まで

2020年5月15日 金曜日

車両工場に取り掛かります。

基本的には7検修庫と変わりないと

思います。

 

車輌工場は、間違ってトミックス使用

を注文してしまったので、工場内は

トミックスの線路を使いKATOの接続

線路を繋ぎます。

検修庫と同じく、色紙を貼って、警戒色

のテープを貼りました。

 

リフティングジャッキがおまけで付いて

いましたので、切り抜く前に緑を吹き

ました。

4基組立てましたが、部品が細かすぎて

2回部品を飛ばして大さがししました。

車体を持ち上げてみました。

組み立てる前に切り抜いた壁や骨組み

を塗装しました。

壁と屋根の骨組みです。

天井走行クレーンを赤系で塗装しました。

厚みが1mmもないので、凸凹は指で

押し込んだ後、ペンチで慎重に押し込み

ます。

全部品です。

固定せず楽しむつもりです。

入口の壁は、検修庫と違って補強されて

います。

建物枠を固定しました。

建物枠を2本の縦桟補強。

屋根を取付けた所ですが、屋根1つは

取り外し式にします。

中から見た壁と天井ですが、壁と

骨組みの色を変えたので、芸術的

な感じに見えます。

天井走行クレーンを置いて、EF66を

吊ってみた所です。

固定しなければ、任意の所で好きな

車両を吊り下げられます。

結構高くまで持ち上げられています。

南海電車まつりで見かけた、パンタグラフ

を載せたトロッコが何台もありました。

バルサ材で棚を作ってみました。

土台は合板で製作sgひようと思いました

が10mm厚のスチロール板に変更しま

した。

軽いし、組みたてたら結構しっかり

しています。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区製作記の編集2 検修庫完成まで

2020年5月14日 木曜日

屋根上点検台の製作に移ります。

がっしりした骨組みを青味かかった

グレーに塗装しました。

足場?はベージュで塗装。

こちらはぺらぺらですので、骨組み

と組み合わせる必要があります。

骨組みと足場を合わせた感じ。

色を変えた効果がでています。

階段の穴を、ガイド(付属している)に

合わせてカットしました。

手摺りもペラペラの1枚の紙なので、

大丈夫?って感じですが、警戒色で

塗装しました。

3か所とも手摺の取付け完了しました。

手摺は、塗装とボンドでしっかりしてい

ます。

屋根上点検台を天井から吊る部品

ですが、細かいです。

指定か所に取り付けます。

真ん中を持ち上げて、吊り下げ部品を

建物の枠に接着していきます。

中央の点検台は固定で来ました。

次にサイド2箇所の点検台を固定します。

建物枠から張り出している点検台受けの

出っ張りと点検台の裏の穴を固定します。

 

3本の点検台を固定しました。乾燥したら

しっかりしています。

検修庫の中を画像でみると、色んなものが

設置してあります。

とりあえず使えそうなものをキットの余り

パーツや床下機器などを集めてみました。

未塗装なものは、色別に集めて塗装。

適当に何かおいていたら雰囲気がでます。

階段のスペースを避けて固定します。

建物枠を土台に固定しました。

3本の点検台の間から見える設備品

達が良い感じです。

階段はグリーンマックスの歩道橋の

手摺りと階段の部品を使用します。

説明書では、7段目カットでぴったりとの

事です。

階段を取付けたところです。

壁は、先に塗装して骨組みと貼り合わせ

ます。あえて色を変えています。

骨組みの外側に壁を貼り付けました。

こちら側の壁と屋根は固定していません

が検修庫は完成です。

屋根上点検台や設備などを色んな

角度から眺められるので楽しいです。

目線を合わせると、中にいるみたい

なリアル感です。

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

N 新河内機関区の製作37 完成~?

2020年5月11日 月曜日

 

検修庫の照明を点灯してみたら、

機関車の屋根がはっきり見えています。

作業員が確認を始めようとしています。

機関車が並んで検修庫に収まって

います。

EF65が洗浄ラインでブラシを使って 

洗車してもらっています。

一人で大変ですね。

機関車を並べられるだけ並べるのも

いいけど、検修庫前が空いてるのも

広々感が出ていい感じです。

汚しとかはまた時間を見つけてやるとして

一応完成で~す1

 

車両工場と検修庫に屋根を取付けた所

です。

取り外しできる壁と屋根を外した所です。

検修庫は、手前の壁を固定すると車両

が見えないので、外せるようにしました。

 

ねぐらができて、機関車達は喜んで

くれているでしょうか。

改めて、甲府モデルのキットを使って

良かった!

ここまで丁度2か月かかりました。

もっと簡単に出来ると思っていましたが

工程が多く大変でした。

でも、照明を点けたままでぼ~と

していると、いつまでも見られます。

本当に作って良かった。

まさに至福の時間です。

 

 

「にほんブログ村」に参加しています。
記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると励みになります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

▲ページの先頭へ戻る